商業不動産

商業不動産

不動産は中国経済の持続的発展を支える重要な基幹産業の一つであり、不動産業の健全な発展の促進は中国政府の一貫した長期政策となっています。近年中国で急速な発展を遂げた商業不動産は、居住目的の不動産と異なり、業務、小売、卸売、飲食、娯楽、フィットネス、レジャーなどの用途に用いる業務用不動産を指し、ショッピングセンター、百貨店、スーパー、商店街、テーマショッピングモール、専門市場、オフィスビル、ホテルなどの業態が含まれます。国内市場にとどまらず、海外への不動産投資も盛んになり、ヨーロッパ、オーストラリアなどは多くの中国人が海外投資の第一希望地とする地域の一つです。

商業不動産業界への市場参入、不動産開発、賃貸・販売及び運営の段階において、複雑な法律問題と煩雑な手続きが伴うはずです。豊富な経験をもつ、不動産関連業務に詳しい弁護士を有するリーグはその各段階をカバーしています。特にサービスを提供する過程において、法律的枠組みの中において、企業間、企業と政府間の相互関係を調整することを得意としており、企業のために有効な解決策を探ります。


立案段階

この段階では、商業不動産企業は関連取引先、地元政府と複雑な交渉を行い、各種の複雑な取引及び提携契約を締結します。また関連プロジェクトの審査、会社設立、土地使用権の有償取得(入札、オークション、開業)などの各種手続きも完了する必要があります。以下の項目において商業不動産企業をサポートすることができます。

  • 最適な立地の推薦及び協力、事業調査への参与、前期交渉への協力、LOI(Letter of Intent)の作成、審査。
  • 企業間及び企業と政府間の交渉に参与、事業の法的可能性の調査、投資前の法務デューデリジェンス、土地払下契約、開発契約、譲渡契約などを含む各法律文書の作成と修正。
  • 土地使用権のオークションへの協力又は代理参加、入札文書の作成や審査。
  • 会社設立関連政府審査、工商登記手続きへの協力又は代行。
  • 開発における企業買収や合併再編などへの協力。
  • 土地払下における立退、失地人員の配置、補償金などへの対応。
  • その他立案に関わる法律事務の処理。
開発・建設段階

この段階では、不動産の設計・施工、資金の獲得に重点が置かれます。その過程において設計・施工・監督部門との取引、各種工事手続きの取扱い、合理的な融資案の実施など各方面において、商業不動産企業と弁護士との緊密な協力関係を必要とします。以下の各分野で価値のあるサービスを提供できます。

  • 不動産開発業者を代表し工事の設計・施工・監理・入札サービス機関との商談、工事業者の資格や契約履行能力の審査、適法な入札、工事設計、施工、監督・管理へのサポート。
  • 開発事業者を代表し、建設案件に関わるすべての契約(設計契約、測量契約、工事監督、購入契約などを含むがこれらに限らない)の作成、審査と改正。
  • 工事施工に関する関連手続き(図面審査、建築計画審査、着工許可、竣工検査届出、権利証書の取得などを含むがこれらに限らない)。法律コンサルティング、関連政府交渉、コンプライアンス監査の実施などの総合的な法律サービスの提供。
  • 工事設計・施工企業を代表し、入札文書の準備及び審査への参与又はサポート。
  • 融資関連サービス(金融機関との交渉、融資計画の法的リスク評価、融資契約の作成と審査などを含むがこれらに限らない)の提供。
  • 開発・建設段階におけるトラブル、紛争の解決(例えば工事品質のトラブル、工事遅延紛争、融資トラブルなどについて、積極的な交渉と必要な訴訟手段を通じたリスクの効果的な解消、企業の権利保護)。
不動産の販売・賃貸段階

この段階では、販売・賃貸許可の早期取得と購入者・入居者探しが主な関心事です。必要な政府許可のほか、商業不動産企業が購入者・入居者を募集する過程の中で、取引契約などの各種法律書類を準備し、取引相手の信用状況を適切に審査し、適法に販売・賃貸の手続きを行う必要があります。そのため、リーグが提供する以下のサービスには非常に価値があります。

  • 誘致、テナント募集その他販売企画案の審査、コンプライアンスリスクの評価への協力、適切な代理業者の選択へのサポート及び代理契約の審査。
  • 商業不動産物件の前売りや販売のための関連書類の準備、事前販売や公開販売に関する政府許可の取得へのサポート。
  • 関連商業不動産物件の広告内容の審査。
  • 販売又は賃貸に関わる各種商業契約(不動産事前販売、不動産譲渡契約、不動産リース契約、不動産管理委託契約、不動産管理公共契約等を含むがこれらに限らない)の作成、審査と修正。
  • 重要顧客とのビジネス交渉をサポートし、速やかに法律リスクを把握しコントロールを実施。
  • 建設中プロジェクトへの担保設定や現物不動産に対する担保設定、及び担保の解除に関わる法律問題への対応をサポート。
  • 商業不動産販売・賃貸に関わる各種紛争への対応。
不動産の運営段階

商業不動産の開発が完了した後、関連プロジェクト企業は不動産の運営にも従事するでしょう。この運営段階にあたり、主な法的リスクとして、如何に速やかに小規模オーナー又はテナントによる違約行為を防止すれば良いかが挙げられます。そのため、長期に亘り大型ショッピングモール等の商業不動産企業をサポートしてきたリーグの下記経験は非常に価値があります。

  • 小規模オーナー又はテナントの違約行為に対応するリスク管理制度の構築への協力、高級管理職と現場管理者に対するリスク管理研修。
  • 各種契約の補充契約、法的効力を有する通知書、経営管理規定及び細則の作成などを含む日常の運営において発生する法的文書の作成、審査及び修正への協力。
  • 軽微な違約行為を行った小規模オーナー又はテナントに対する行為の速やかな差し止め、重大な違約行為の発生或いは違約行為の予見に対して、その対策の策定と実施へのサポート。
  • 重大な違約行為に対する速やかな責任追及(すなわち提訴、強制的な立ち退きを含むがこれらに限らない)へのサポート。
  • 小規模オーナー、テナントや消費者によるクレーム対応へのサポート、クレーム対応制度及び予備案の作成、審査。
  • 従業員のコンプライアンス研修及び特別監査へのサポート、商業賄賂などの不正行為の防止、従業員の引き起こした不正行為に対する適切な処理へのサポート。